日本酒伝道師(R) 養成講座

あけましておめでとうございます

素晴らしいお正月を過ごしてきました。

大晦日に思い立って「お伊勢参りをしよう!」ということに。
「思い立ったが吉日!」で二人とも行動するので、異論もなく
連れと元旦から出かけてきました。

東京から車で、6時間かけて、まず志摩に入りました。
こういう思い立ったときに、どこにでも出かけられる、
車を持つというのは自由を持てることだと、つくづく思います。

クラシックホテルでの鮑ステーキ、的矢かき、風光明美な景色を
堪能してからお伊勢さんへ。

日本一のパワースポットと呼ばれるだけあって、その静謐な
敷地に身を置くだけで浄化されていきました。

千有余年もの間、毎日の儀式、二十年に一度の遷宮と、
同じことを繰り返し、伝統、文化を絶やさない
努力には、本当に頭が下がります。

お神酒をいただくと、銘柄は、「白鷹」
なんでも大正時代に、それまで濁り酒だけをお供えしていたのを
澄んだ酒である「清酒」もお供えするようになったときに
選ばれ、ずっと変わらないそうです。

灘のお酒なのに何故、伊勢神宮に選ばれたんでしょう?

近くのおかげ横丁の白鷹のお店で聞いてみても
理由はわかりませんでしたが、ご主人とは、神楽坂の
伊勢藤さんの話でしばし盛り上がりました。

お酒にはいろんな繋がりがあるものです。

もっと、日本酒のことを知りたいし、改めて伝えていきたいと
思った旅でした。


hakutaka.jpg
コメント(0) | トラックバック(0)
<<またパリに行ってきました | イタリアの新聞に取り上げられています >>

カレンダー

<< 2017年 12月 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

カテゴリー別アーカイブ

月別アーカイブ